この曲が私夏目らんが作詞した曲ってことはもうみんな知ってると思います

『花束』のことについてちょっと語ろうかな
前から話すってゆうてたのに中々ブログあげられなくてごめんね💧
あとめっちゃ長くなってしまったから時間がある時にでも読んでいただけると嬉しいです💐💞

まぁまず作詞しようと思ったきっかけは、自分のグループ曲を自分たちが作詞してるアイドルが素敵やなって思ったのがきっかけ(笑)
自分で書いた歌詞ってさ、めっちゃその歌詞に感情込められるってゆうか、ちょっと特別やん?
なんかそれが素敵やなって思ったわけ。

元々中高生の時にノートに詞書いたりするのが好きで、授業聞かずに書きまくったりしてたのよ(笑)
それが曲になったことは1回もないから、曲に歌詞をつけるのは『花束』が本間に初めてやった!

初めて音源を聴いたとき、あーなんかこれは凄いFioreにとって大切な曲になりそうって思った。
恋愛ソングとかじゃなくて友情とか仲間とかそんなイメージが最初思い浮かんだのよ。

『花束』って始めは何か花をコンセプトにして書く予定やったんですよ🌼
最初は”紫苑”ってゆう”追憶”が花言葉の花をモチーフに作詞してました(裏バナシ
でもなーんか上手く書けへんくって、なーんかコレジャナイってなって社長にも見せたけどお互いうーーんみたいな(^_^;)笑

他の花言葉探してみたり、他の歌詞考えてみたけど全然書けへんくて、ぱっと思いついたんが『これFioreコンセプトにしたらめっちゃ思いつくんじゃね!?』やった(笑)
んですぐ社長に相談して、1から書き直して、今の『花束』になったんですよ〜〜👏✨
⭐️裏バナシ裏バナシ⭐️

よく質問いただくのは、プロの作詞家さんに手伝ってもらって書いたんじゃないの?って質問やけど、本間に夏目1人で書きました!
なんかそんな風に言っていただけるのとが嬉しいわ😆💙

夏目的に見てほしいのは、1番の歌詞って結構ネガティブなのよ(笑)
“ひとりでもがいてた”とか”夢の1つも追えずに”とかね。
なんでこんな歌詞にしたかってゆうと、メンバーと話してたときにFioreに入る前はどんな感じやったかとか話した時があって、その時のみんな(私も含めて)の心境を1番の歌詞にしたって感じ!
やから”真っ暗な闇に差し込む光が 花ひらく”ってのはFioreのことやねん✨

んで2番は1番と違って明るく前向きにした。
“叶えたい夢はいつかかならず手に届くから”とか。
それはみんながFioreに入って心境が変わったからやねんな🎶

やから1番は
『立ち止まって何もない空を見ていたんだ』
やのに2番は
『立ち止まって見上げた夜空は星が煌めいて』やねん✨✨
この2つの歌詞がみんなの心境の変化を表してるの!!

サビは結構わかりやすい言葉を並べつつ、『満開の未来』ってゆうFioreらしい表現で作詞してみました🌸
私たちFioreのメンバーだけじゃなくって、フィオリスさんはもちろん、この『花束』って曲を聴いてくれたみんなが共感できるように。
サビの終わりは”心の奥にひそめた蕾”が成長していくことでどんどん『満開の未来』へ近づいて行ってることを表現してみました😏
我ながら良くできたと思っております(笑)

まぁねこんな感じで『花束』はできました。
いつかすっごい売れてさ、武道館とか立っちゃったとき、この曲歌うの。
その時はきっと歌い出しの
“瞳を閉じれば最初の唄が聞こえる
今日まで笑いあった仲間ずっと 変わらないから”
の意味が凄いわかると思うねん。
絶対泣くと思うねん(笑)
ここまでこれてよかったなって絶対おもう

この曲はいつかFioreがめちゃくちゃ売れたときにもっかい聴いてほしいです。4/29に姫路でデビューしたこと絶対に忘れないでね、始まりはめっちゃ苦しかったよね、いつまでもいつまでも初心を忘れずにもっともっと上目指そうねってゆう夏目の願いこもってるから

ちょっと長くなりましたけど、こなへんで!
そいじゃね!