くろめんは、なぜはしる!!!!!?

はぁーーい!
どうも黒田あやめです。

 

なぜあやめちゃんってそんなにストイックなん?とかなんでそんなにはしるん?とか結構聞かれるんです。

 
正直自分でもなぜか分からなくて無性に運動がしたくなることがよくあります。
モヤモヤしたりどうしたらいいのか分からない時考え事をしている時などなど走りたくなる瞬間なのです。
運動していると嫌なことも忘れられるし実は、運動が終わったあとすごく私は、冷たいのです笑
嫌な意味でもなく!すっごくサバサバしちゃうんです。〔いい意味で!〕

 
中学の頃陸上部だったんですけど結構色々あった時泣きそうになったりイライラすると「走りにいきっ!」ってよく言われて「そうする!!!」とか言ってめっちゃ走りに行ってました!笑笑

 
でも個人的に陸上部に入ったのは、駅伝に惚れたからです。まぁでも最初は、短距離だったのですが冬の時期になると駅伝シーズンが始まったのでチームの人数が足りず入って欲しいと言われて入ったのがきっかけです笑

 
まぁそれがなんと区間賞ももらえて嬉しくてその気持ちが忘れられなくて長距離に行くことを決めたんですよ( ̄∇ ̄)
他のタスキを渡す瞬間先輩に背中を押されて「頑張って!」の一言で緊張よりも一人でも多く一人でも早い人に近づいて後の人にタスキを渡したいっ!と思って走りきりました。
あの達成感が最高ではしることが好きです。


もともとスポーツ家系なので運動は、たくさんする方だったので小さな頃から腹筋や筋トレは、めっちゃくちゃしてました^_^
駅伝って本当に凄くて悔しさでも嬉しさでもとにかく走りきると自然と涙がいつも出てました。

自分でも理由がわからなかったけど、部活に入ると色々あるかなぁっておもってて確かに色々あったし大変なこともありましたその中でたすけてくれた友達もいて悔しい時走りに行って抜かしたいとおもって個人競技の3kmのマラソンで個人でも賞が取れたりなど本当に努力すればいいんだなっ。って思いました。

ただ「努力してる」「頑張ってる」なんて言葉でも文書でもなんとでもかけるんですよ。それを実際にやっているかどうかで差が出て来るし諦めないことは、本当に大事とおもったのが中学2年生の終わり頃でした。
その時から頑張ってたとかそんなんでもなく、ただ単純にその頃の気持ちを忘れたくないのです。
だから本当に積み重ねは、大事です。